中古マンション購入

中古マンション購入は、同条件の新築マンションを購入するのに比べると、購入価格を安く抑えられるのが最大のメリットといえるでしょう。ただし、たいていの場合内装の汚れなどをリフォームで直しますので、その金額込みで比較検討するようにしましょう。内見ができるのも嬉しいポイントです。
中古マンション購入時のリフォームですが、「共有スペース」と「専有スペース」がありますので、管理組合に確認しましょう。例えば壁の内側・窓・バルコニーなどは共有スペースとみなされます。壁に、外に貫通するような穴を開けたり、バルコニーを塗り替えるには申請・承認が必要な場合がほとんどです。
中古マンション購入時に、たいていの場合は住宅ローンを組みます。頭金や月々の返済額、金利などはとても重要な説明になりますので、事前によく考えましょう。また、自分や家族の生活設計を見据えることも必要です。子供の進学や自分の退職時期をしっかりと考慮しましょう。
中古マンション購入時の売買契約を結ぶ前に、宅地建物取引主任者から買主へ、書面と口頭で重要事項の説明が行われます。物件の登記簿情報から共有スペースについてなども話されますので、余計なトラブルに巻き込まれないためにもしっかりと確認しておきましょう。


RSS関連リンク
中古マンション購入で控除可能な税額
築30年のマンションを、メンバーは私のみの有限会社で取得しました。 取得額は800万円なのですが、この場合、どの程度会社の経費から落とせるのでしょうか? よろしくお願いします。

働く女性のための新築・中古マンション購入と資金計画セミナー
住宅金融支援機構埼玉センター主催で、「働く女性のための新築・中古マンション購入と資金計画セミナー」が開催される。 参加費は無料。先着50名。 参加者には、住宅金融支援機構オリジナルのエコバッグがもれなくプレゼントされるという。 ...


トップへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。