マンション売却

マンション売却を考えている人は、まず最初に売るべきか賃貸契約をするべきかで悩むと思います。こういった際には一度、信頼できる不動産業者に査定をお願いしましょう。さまざまな相談にも応じてもらえますし、売却・賃貸の相場も教えてもらえますので、専門家の意見は重要です。
マンション売却時に査定をお願いすると、訪問査定をされることになります。これは実際に不動産業者のかたが対象物件に足を運び、査定をするものです。このとき必ず築年数や交通機関ははっきりさせておきましょう。また、一社だけではなく、複数の業者に依頼することも重要です。
マンション売却契約は、大きく分けると2つの方法があります。一般媒介契約と専任媒介契約です。一般媒介契約は売主が複数の不動産業者に媒介を依頼し、専任媒介契約は一社に任せるというものになります。メリット・デメリットはありますが、どちらにせよ不動産業者との信頼関係が重要になります。
マンション売却に関わる諸費用は、仲介手数料として、まず売却価格×3%+6万円(別途消費税等)となります。その他にもローンが残っている場合は抵当権抹消費用、部屋のリフォーム・クリーニング代金がかかります。高く売るためには事前のリフォームも検討しておきましょう。


RSS関連リンク
マンション売却
マンション売却における絶対的な価格は存在するのでしょうか。答えはNOです。マンション売却は常に市場相場や近隣の不動産事情などの色々な要素に影響されて、適正価格も変わっていきます。マンション売却をしたいと思ったときは時期を見て、しっかり ...

マンション売却
マンションが古くなったのでマンション売却を考えている。ずいぶん古くなりもう収益性も落ちて、魅力がなくなってしまった。マンション売却をするならどの不動産屋さんに頼むかがどのくらい大事かはマンション売却をしたことがある人ならわかるはずです。 ...


トップへ戻る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。